出発前の準備と計画

先日、友人たちとキャンプに行ってきました。
乾季が過ぎ去る前に最後の寒さを楽しむためです。

一泊しか時間が取れず、あまり遠くには行けないので、
チェンマイ近郊の観光地、メーリムの「モーンジェーム」に行くことにしました。

近くの宿泊施設を検索したら、きれいで雰囲気の良いところがたくさんヒット!
個人的にひかれたのは「モーンモン」というところでしたが、
喧騒を離れた静けさが売りのようで、今回の私たちの旅は大所帯。

静けさを楽しみに来ている他のお客様のご迷惑になりかねないので、
残念ながら今回はあきらめました。

他にもすでに予約がいっぱいのところがあったり、人気が伺えます。
最後にようやく予約できたのは「モーンアイディン」という宿。

21

部屋はキレイで広く、新しい。そして何よりお手頃価格!
4人が泊まれる家タイプを2件借り、大きな家タイプの一部屋も借りました。
半額を事前に振り込んだので、予約も確実。安心して旅立てます♪

「モーンアイディン」の注目ポイント

「モーンアイディン」では、小さな家が階段のように並んで建っています。

22

3

6

23
二人で寝られる大きなベッドが1つだけある部屋と、
2ベッドの部屋があり、2ベッドルームは4人泊まることができます。

4人以上泊まりたい場合は、自分で寝床を追加することもできます。
実際に私たちが行った時も、平屋根の家の上にテントを張って泊まっている方を見かけました。

部屋を予約してあったものの、到着してみてみんな心変わり。
小さな家タイプ2件をキャンセルし、大きな家タイプの3部屋に泊まることにしました。
そのほうが部屋が広く、広い芝生スペースもあって気持ちよさそうだったからです。

4

大きな家には4部屋あり、部屋ごとに4人寝られます。
ただ、大きな家は山にさえぎられていて景色があまりよく見えないので、
こっそり一人、心の中でプチがっかりしてしまいました(笑)

寝室は広く、6フット、キングサイズのベッドが二つあり、ゆったり眠れます。
寝具はもちろん、ケーブルテレビもありました。

7

8

ホットシャワーも完備され、山の寒さの中で水シャワーなんて怖いことにはならずにすみました。
バスタオル、シャンプー、ボディーソープも完備です。

「モーンアイディン」のスタッフは良い人達ばかりで感謝感謝です。
部屋変更にも快く応じてくれた上、芝生も使わせてくれたので、
そこにテントを貼り、子供たちが遊んだり寝たりできました。

9

夕食は自分たちで持参。
バーベキュー用コンロやムーガタ、スッキーを持ち込んで、
さらにもう一泊はできちゃいそうなくらい大量の食材がありました。
朝の分まで十分すぎるほど食べ物があったので、現地の食事を試せなかったのはちょっと残念かな

10

11

12

夜はちょうどよい冷気に包まれ、とても気持ちよかったです。
私たちの行った2月19日はそれほど冷え込みませんでしたが、
もしこれより冷え込む日であればかなり寒かったかもしれません。

寝室にはエアコンがありませんが、窓を開けるだけで十分。
暑がりの人でも扇風機で大丈夫な気温です。

夜の雰囲気は静かでとてもよく、並んで見える街灯がきれい。
満月が近かったので月明かりがすごかったですが、星もうっすら見えました。
もちろん家の中では大人も子供も大はしゃぎで静けさどころではありませんでしたが(笑)

翌朝は荷物を片付けて10時くらいに宿を出発。

実は事前の調査ではあまり評判の良くなかった「モーンアイディン」でしたが、
実際に宿泊してみればスタッフは親切でサービスもよく、大満足でした。

また「モーンジェーム」に来るときはリピートしたいほどです.

評価:満点=★★★★★

雰囲気、静けさ ★★★★☆
景色      ★★★☆☆(私たちの部屋は山に阻まれて360度見渡せなかったため)
サービス    ★★★☆☆(上述の点以外、サービスを受ける機会もなかったので平均値)
宿泊施設    ★★★★☆
清潔さ     ★★★★☆
お勧め度、またはリピートしたい度★★★★☆

行き方

Google Map → 18.935898, 98.821506
チェンマイ市内からファーンへ向かう107号線を北上。
メーリム市街を超えて少ししたところを左折し、1096号線(メーリム、サムーンロード)に入ります。

メーサー滝を超え、シリキットガーデンも超えてたいだい15キロほどの
「バーンボーンイェーンบ้านโป่งแยง」のところで右折します。
ノーンホーイを記す看板が目印です。

急な坂道をずんずん上っていくと、「エデン」というブドウ畑が見えます。
そこをさらに右折し、小さな町を超えると、到着です。
チェンマイからの所要時間は約1時間半。

20

<チェンマイ在住、特派員K談>